index

もくじへ





about

about





works

作ったもの




books

本のこと





things

形あるもの





とても近い旅のはなし

気付いたら 2か月以上が 経過していました。
やっと ふと 落ち着いた気がしたので 
この空白の時間を 少し 埋めてみようと
思います。 

 
海岸


松山に住み始めて 始めて JR松山駅の 改札をくぐった日。
行先は 約30分もかからない 北条。(って松山市らしい)
すっごい 遠い国への旅の始まり。

 
仙人掌
まるで ゾウの足! のような
仙人掌(サボテンと読む)さま。
ちょうど 家主さんが帰って来たので聞いてみたら
20年は経っているとのこと。
寒くても全然大丈夫。ここは海辺だから潮に時々浸かるけど
それでも 元気にやっとるよ。

 
サボテン
て 聞いて、、、
何事も ほんとに 必要なのは 愛なんだーーー 
って 思った。
いや それさえあれば
何事も 充分なんだーーー
って 思った。





 
野の花

なぜか 本当に 分からないけど この三人で 会えたら いいな と 思ってた。


 
北条

ただ そこにいて 心地良くて
ただ ただ 話が 通じる 
それは 心が繋がってる 感じ? なのかな。。。
それぞれ 全然違うんだけど
そこにいる誰も 一ミリも無理してない ゆるやかな 時間 
 
春の花

年とか 
いつから 知ってるとか
どれくらい 知ってるとか
そんな こと もう 何にも関係ない 
関係

というより 存在同志

 
tower


どこから 来たか とか
いま ここが どこか でさえ
何にも 関係なくなって


辻

あー いい旅だったって
また 電車に乗って JR松山駅まで戻る
30分弱の時間に
思った よ



原宿


「人がやって来て、人に会うこと。
話をすること。
友達になること。
毎日の生活の中で、何となく気が付いているけど、
言葉にできないことを、言葉にして、
気がつきあうこと。」
そんな場所になるようにしよう。

      小沢健二「うさぎ!」より