index

もくじへ





about

about





works

作ったもの




books

本のこと





things

形あるもの





こ と ば 

個人自分の 中に 色んな 感情が 沢山あって
そんなことを 改めて 実感するけど
なかなか 上手く 書き表せなくて
書いてみては 放置して
時が経ったら やっぱり 消して
落ち着かない。

でも こういう時こそ
いろんな 人の 言葉を
すごく すごく かみしめる
そして
それが とても とても
有難い というのか
自分にとっては 大きいことだったり するので

その時 favotite  にしていた 言葉たちを
ここに おいておこう。
 

今日のような人為的なものであるにせよ、不条理に直面しなくてはならない日は、それに反意を表明するのもよい。だがそれよりも、本当にかけがえのないものを、今よりもいっそう、慈しもう。今日も、燃えるような想いを胸に、愛する者といつもと変わらぬ日を送った人は、けっして少なくなかったはずだ。

 

平和を求めるなら、平和は政府が与えてくれるなんて思わないことです。自分との関係を平和にし、人との関係を平和にしない限り存在しません。人がやっていること嫌だと思うなら、その人はそれをする権利があることをリスペクトすることです

 

 Jul 15

新幹線の中で内田樹先生の『街場の戦争論』を読み返しています。「日本人は戦争に負けることによって何を失ったのか。今こそ、それをきちんと数え上げてゆく必要があると思います。(略)敗戦で失った最大のものは「私たちは何を失ったのか?」を正面から問うだけの知力です。あまりにひどい負け方をしてしまったので、そのような問いを立てる気力さえ敗戦国民にはなかった。その気力の欠如が戦後七十年続いた結果、この国の知性は土台から腐蝕してきている。僕にはそのように思えるのです」(『街場の戦争論』p20〜27より抜粋)
 
 Jul 15

1つの方向に動く群れは、どっちに行っても簡単に潰される可能性がある。自立した個体がバラバラに動くと、圧制者はどこを叩いたらいいのか分からない。こういう場合大切な事は、団結していようがいまいが、どこまでも徹底して個人であり続ける事だと思う。
 

人間の一生は、「問い」のレベルで決まる。
 

■「自由と平和のための京大有志の会」の声明書(全文)

戦争は、防衛を名目に始まる。

戦争は、兵器産業に富をもたらす。

戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。

戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。

戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。

生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。

空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、

知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。

学問は、商売の道具ではない。

学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、

私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

  • 2015.07.20 Monday
  • Θ

欲張りと 寛容

そんなこと やっても 意味ない とか
そんなことより 別の方法で とか
言うけど
両方じゃ ダメなの?
私は 両方 したいよ
いや 両方 いるんだと 思うんだ
っていうのは
かなり 遠い 願望 なのだけど
 
国会前

 
  • 2015.07.10 Friday
  • Θ

世界はたくさん 人類はみな他人


「アラヤシキの住人たち」  本橋成一最新監督作品

エンドロールが流れ出したら
はっと 我に返って
えーーー 終わっちゃった。。。
もっと この世界にいたかったー。。。 って
思った。
 
ってことは きっと 今いる世界とは 別世界だったんだな。

みんなで 一緒に 朝ごはんから 食べる 共同生活。
そういう生活 いいなっ そういうの もうしてもいいかなって
 思っている自分が 意外だった。
本当は そういうの 苦手、嫌い なんだけど なぁ。

そう言えば、人と一緒に何かやること
もう あんまりしようと 思わない くせに
みんなで 一緒にご飯食べる!とか 映画見る! とか
そういうイベントしたがる自分がいる

って 話したら 
 意味わからんね、、、って 大体言われる。
自分でも
 おかしいな って 思ってた。
この違いは 何なのかな って ずっと 上手く説明出来なかった。

この前ね、何の話をしてたのかな。
結構 色んな 深く潜った話を 
静かに ゆっくり してたら
また この 「みんな」 と 「一人」の 話になって 
どうにか 説明しようとしたら 分かったのよ。
 
みんなで 同じ目的に向かって 何かするのは
何だか 身体が 拒否反応を 示してしまう。
今の 私は そこに 加わらなくても いいかな って
思っている 自分が いる。
でも 一緒に 何かを 共有したい って 強く思っているのは
 
それは そこには 一つの方向もゴールもなくて
バラバラで お互い全然別の方向向いてても 良い、
ただ みんなが そのままの姿で いる ってこと

の違いだーー  
 
って。
自分的に ものすごく 分かって スッキリしたんだけど
目の前で 聞きながら
よう分からんなぁ、、、 って
言われて。。。
また こんな もんよね。
人の世界って。

この映画のこと、、、
本当は 色々 一杯 感想とか 言いたいこととか あるけど

でも この映画 を 見て
自分が もしかして 目標 に したい ことが
もしかして 自分の 課題 を
教えて もらった 気が したのでした。

観れて 良かった。
ありがとうございました。
 

耳を澄ます

ガイヤ シンフォニー 


東ティモールのドキュメンタリー「カンタ!ティモール」の中では
人々の口から よく 精霊 って言葉が 出て来た。
それは 特別なことでも 特異なことでもなく
その世界では 本当に 人々と共に存在していた。

自分の住む 国とは 
全然ちがう 遠い国のことなんだと 
そんな ことが あったとしても 
遠い昔のことなんだと 思っていた。 

でも この映画を見ていたら
自分の住む くにの 今 でも
木の精霊の声に耳を傾け、尊び、敬い、
そして 向き合い続ける 
こうして共に生きている人が
いるんだってこと を
あらためて目の当たりにした。

精霊たちは 本当は
そこ ここ にいて
それを 私達は
通り過ぎているだけ
見てない 見えてない だけ
なんだ って 思った。

それは 
精霊たちは ここに いる ってこと と
いるから ちゃんと 向き合う っていうことの正しさ
両方を 知れた 嬉しさ と 気付き だった。

考えてたら
見えないモノ達だけど
まず それらが 存在出来る 
場所? 空間? 余白? が 必要なんだって
強く 思った。


この ガイヤ シンフォニー 第八章
私には めちゃくちゃ 面白かった。
観た後 
少し 救われた 様な
心強い 様な
ほっとした様な
でも 同時に自分も進んで行きたい様な
そんな気分で ずっといる。








とても近い旅のはなし

気付いたら 2か月以上が 経過していました。
やっと ふと 落ち着いた気がしたので 
この空白の時間を 少し 埋めてみようと
思います。 

 
海岸


松山に住み始めて 始めて JR松山駅の 改札をくぐった日。
行先は 約30分もかからない 北条。(って松山市らしい)
すっごい 遠い国への旅の始まり。

 
仙人掌
まるで ゾウの足! のような
仙人掌(サボテンと読む)さま。
ちょうど 家主さんが帰って来たので聞いてみたら
20年は経っているとのこと。
寒くても全然大丈夫。ここは海辺だから潮に時々浸かるけど
それでも 元気にやっとるよ。

 
サボテン
て 聞いて、、、
何事も ほんとに 必要なのは 愛なんだーーー 
って 思った。
いや それさえあれば
何事も 充分なんだーーー
って 思った。





 
野の花

なぜか 本当に 分からないけど この三人で 会えたら いいな と 思ってた。


 
北条

ただ そこにいて 心地良くて
ただ ただ 話が 通じる 
それは 心が繋がってる 感じ? なのかな。。。
それぞれ 全然違うんだけど
そこにいる誰も 一ミリも無理してない ゆるやかな 時間 
 
春の花

年とか 
いつから 知ってるとか
どれくらい 知ってるとか
そんな こと もう 何にも関係ない 
関係

というより 存在同志

 
tower


どこから 来たか とか
いま ここが どこか でさえ
何にも 関係なくなって


辻

あー いい旅だったって
また 電車に乗って JR松山駅まで戻る
30分弱の時間に
思った よ



原宿


「人がやって来て、人に会うこと。
話をすること。
友達になること。
毎日の生活の中で、何となく気が付いているけど、
言葉にできないことを、言葉にして、
気がつきあうこと。」
そんな場所になるようにしよう。

      小沢健二「うさぎ!」より


 

未知なるもの

 ワカメ

なんでだろ 

多分 普通は気持ち悪いっ!! てことなんだと 

 
ひじき

思うのだけど


未知なるもの は 
ひと

大変 興味深すぎて

意味が分からなさ過ぎて

もうずーーーーと 見てしまう
じぃいっと 見てしまう
 
気持ち

考えても 考えても 分からないので

やっぱり 考え 考え 思い 思いするしかなく

 
海

そうする時間 が

好きなんだな 
って

どう考えても ちゃんと説明つかない 世界が
存在するってことに
惹かれるんだな 
って

最近 やっと 分かった。



でも ほんと
きっと 気持ち悪っ!!! って
言われて 終わる んだろう なぁ

 
骨

 
  • 2015.04.21 Tuesday
  • Θ

みんなが 夢中になって 暮らしていれば〜

みんなが 夢中になって 暮らしていれば〜
みんなが 夢中になって 暮らしていれば〜

別に何でもいいのさーーーー ♪♪♪


て ふと 口ずさんで

それから 何度も噛みしめた・・・


烏骨鶏

彼女のことだけを よく知ってる
そして音楽が胸の中でいつでも鳴ってる
彼女のことだけを よく知ってる
そしていつだって夢の中まで追いかけてくる

そんな感じで そんな感じで
そんな感じで いい
そんな感じで そんな感じで
そんな感じで いい

by フィッシュマンズ


 
  • 2015.04.17 Friday
  • -

<< | 2/58PAGES | >>